寝ても 覚めても 猫だらけ

我が家の 自慢の 可愛い猫たちの 日常を ご紹介しています。 スコティッシュホールド ブリディッシュショートヘアー の ブリーダ として 子猫のご紹介 も しています。

カテゴリ: 普通の日記


今日は 群馬のきょんきょん こと よしみちゃん の お誕生日でございます

よしみちゃん・・・ おわかりになりますよね・・・

あの ムギくん・・・ムーさん の 元飼い主さん

IMG_4778
はい よしみちゃん と ムーさん



おいくつになられたのか・・・・
言いません
なぜなら・・・高校の同級生です。 何歳・・なんて言ってしまったら・・・・
私の 歳も・・・
バレてしまうじゃないですか・・・

先程 お誕生日おめでとう LINE を しました

IMG_8046

                     よしみちゃん おめでとう     byあんじゅ より



今日の まる子

https://youtu.be/6EdUNF5g798

可愛すぎて・・・手離せなくなりそう・・・





今日から 夏休み って ことで・・・

毎日 暑いし・・・

どこへ 行っても 混んでいるだろうし・・・・

涼 を 求めて 山 へ 行こう と 計画し・・・

IMG_5971


雑誌 リネン の 付録の ムーミンの保冷バック一式・・・
(これが 欲しくて リネン買ったのです・・・)

に おにぎり を 詰め込んで・・・

リック には タオル と 着替え・・・

いざ 出発

IMG_5977

今日の お見送りは あんじゅ とろみ 乙女 そして 姫子が 一番後ろに・・・・

あんじゅ は 「おーい どこ行くんだぁー」 って 叫んでた

群馬 は 四方八方 山 に 囲まれているので・・・・

東西南北 どちらに 向かっても 山越え できます。

今日は 去年 も 行った 水上の 上 の 方に・・・

水上温泉 も 過ぎ ひたすら 山道を 登って行く・・・

あっ もちろん 車 ですよ

どんどん どんどん 1時間2時間 車を走らせ・・・到着

自然豊かな 沢・・・

人なんて ほとんど いません・・・

写真ですが・・・

涼 を お楽しみください

IMG_5978

IMG_5980

IMG_5979

IMG_5986

IMG_5988


水が とっても とっても 冷たくて・・・
ずっと 水に中に 手 足 を 入れていると・・・
多分 凍ります・・・

それくらい 冷たい し 綺麗

透き通っています・・・・

あぁ 極楽 極楽

近くに キャンプ場 など あるので そちらには 人が いっぱい ですが・・・

ここら あたりは・・・まだ あまり知られていないのです・・・

自然を 満喫 するには 最高の 場所です

お家 に 残してきた 猫たち・・・・

暑い中 心配だなぁ・・・

でも お部屋・・・クーラー 入れてきているから・・・

うるさい ゲボク が 留守のうちに
のんびり 大好きな 昼寝 を 楽しんで いるだろう・・・

ねっ キャンディーちゃん
IMG_5968






群馬の キョンキョン こと よしみちゃんから

手作りの ポーチ もらっちゃいました

イメージ 1
猫柄 
イメージ 2
ティッシュ入れ になっていて・・・
イメージ 3
お薬などの小物も入れられるように・・・

細かいところ も 綺麗に 縫えていて・・・
かなりのクオリティーです

よしみちゃん ありがとー

よしみちゃん が・・・
ミシン使って・・・縫物ができるなんて
ビックリだったよー

大切に 使わせてもらいます

そして

最近 の むぎくん
イメージ 4
相変わらず・・・ 安定 の ブサカワぶりね

15日の月曜日

群馬県の桜の名所 赤城千本桜 に 行って来ました
平日にも関わらず 観光バス も 何台も来ていて・・・
大変な 混み合い でした

イメージ 1
満開 でしたよー

イメージ 2

イメージ 3
 公園の真ん中には 菜の花 も 満開に咲いていて・・・
ピンク と 黄色 の コントラスト が とっても綺麗です

イメージ 4

イメージ 5
 桜 が 葉桜 に なると 今度は 芝桜 が 一面を飾ります。

赤城の千本桜  今週末も 満開に 桜を咲かせてくれていると思います。
よかったら 足を運んでみて ください

わんちゃん を 連れている人も たくさんいました。
キャリーカ― に 乗せている人 も いれば 抱っこされている 小型犬
白い もふもふ した 大型犬 も ピンクの リボンを頭に付けて お花見を楽しんでいました。

あぁ・・・あんじゅ 連れて来ればよかった・・・
イメージ 6
あんじゅ に ハーネス付けて 抱っこ なり お散歩していれば・・・
きっと 猫 とは 思われないだろうなぁ・・・と
もちろん お顔 を 見れば 猫 としか 間違えようのない お顔だけれど・・・
あの ボッタリ と した カラダつき は 太ったワンちゃん に 間違えられても おかしくない・・・

なんて ひとり あんじゅ との お花見シーン を 想像して
楽しんでいた 私でした

昨日 宮古島での 保護犬 保護猫 の 活動をされている方の 記事を書かせていただきましたが・・・・
なんという偶然でしょう・・・


昨日の午後
「小さい子猫を保護したのですが どーしたらいでしょう・・・・」

と 会社の男の子から 電話をいただきました。

その子も 猫好きなので、
「お世話できるなら 飼って お世話してあげたら?」 「アドバイス等してあげるから・・・」
と 私が言うと・・・
「そーなんですけど・・・」 「実は4匹いるんです・・・」

えっ ・・・・・・
イメージ 1

まだ 目が開いたばかりの 子猫4匹 が 夕べから ずっと 鳴いていて・・・・
いたたまれなくなって 保護したそうです。
母猫らしき姿は 見当たらないと・・・

仕方がないので その4匹の子猫を まず 会社に連れてきてもらいました。

我が家に・・・

というわけには いかないのです。。。

以前も 野良猫のお話をさせてもらった時にも言いましたが、
先住猫が 家にいる場合 簡単に 野良猫を 家の中に迎えることは 非常に 危険なことだからです。

その時 野良猫を 汚い病原菌のように言わないでほしい・・・と お叱りのお言葉をいただきましたが・・・
汚い病原菌 扱い を するわけではなく、
もし 保護した 野良猫が 大変な病気をもっていたとしたら・・・
簡単に先住猫と 接触させてしまって 先住猫に その病気が 移ってしまうことになるんです。
野良猫を保護した場合には 先住猫と すぐに 接触はさせず、 動物病院で その子の健康状態など、
診ていただき 必要な処置があれば 処置をしてから 家の中に 招き入れることが 大切なんです。
子猫の場合も 同じです。
ですから 私は 我が家でなく 会社で その4匹の子猫を お世話することにしようと・・・

連れてきてもらった4匹の子猫は 見た感じ・・・・生後2週間~3週間くらいでしょうか・・・
目は しっかりと開いていますが、目で動きを追ったりしないので、まだ 見えていないでしょう・・・
ただ 私の声に 反応するので、 耳は 聞こえているようです。
歯が まだ 生えていないので、 しばらくは 粉ミルクで 育てます。

黒ちゃん2匹 八割れちゃん2匹です。 真っ黒ちゃんは どっちがどっちだか・・・わからないほど そっくりです。。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

お腹は パンパンではないですが、丸みをおびていて・・・・ どうやら ママ猫のおっぱいは しっかりと
飲んでいたようです。
ただ ここ1日.2日 ママ猫が 帰って来なかった・・・・

この4匹の子猫たちに 里親さんを募集しようと思います。
この中の1匹は 保護した男の子が 飼ってくれるそうです。
残りの3匹 大切に 飼っていただける方・・・・

まず ジモティー というサイトに 里親さん募集 として 投稿しました。
すると 数分もたたないうちに 次から次へと 連絡があり・・・・
初めてのことなので 戸惑っている合間にも 連絡が入り・・・
あっと言う間に 里親さん候補が 決まってしまいました。
ちょっと ビックリしております。
お断りしてしまった方には 申し訳なかったのですが、県内の方・・・そして オス メス どちらでもいい!
と言う方を 優先させていただきました。

このブログ内でも 募集させてもらおうと、

条件として
一生涯 大切にかわいがっていただける方
きちんと 去勢 避妊手術をしていただける方
具合の悪いときなど きちんと 病院へ連れて行くなど していただける方
そして 完全室内飼い を していただける方 
など・・・・

そして・・・

※動物虐待 や 動物愛護法に反する行為の防止のため  身分証明書等 の ご提示をさせていただく場合が ありますので ご了承ください。

とか・・・・

子猫のお引き取りの時期は ご相談させていただきます。
経験ある方で 授乳から 育てられる・・という方は すぐに お渡しでもかまいません。
子猫を飼うことが 初めての方には アドバイス や サポートもさせていただきますので、
ご安心ください。

などなど 考えていたのにも関わらず・・・

夕べの数時間で 決まってしまいました・・・

早ければ 今週中にも みな 里親さんに 引き取られていく予定です。。。

我が家で産まれた子猫 も 今回保護した子猫 も 同じ命です・・・

幸せになってくれることを 願って 里親さんに 託したいと 思います。
 




このページのトップヘ